FC2ブログ

神経痛

神経痛は、体中のあらゆる部位に激痛がはしる。坐骨神経痛、肋間神経痛、三叉神経痛など神経痛の部位により様々だが、それそれの神経痛の原因と症状をしっかりと確認し適切な治療を受けることが重要である。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --|
  2. スポンサー広告

三叉神経痛

三叉神経痛とは、顔の神経をつかさどる三叉神経に何らかの異常が生じ、その感覚の領域に主に発作的に電撃痛や焼け火箸を突き刺されるような痛みを生じる病気である。三叉神経はその名の通り、3つの枝に分かれている。第1の枝は上まぶたから額、前頭部に分布し、第2の枝は、下まぶた、頬、上唇、鼻、上歯列などに分布し、第3の枝は、下顎、舌、、外耳、下歯列などに分布している。異常がおきている神経の枝によって、神経の分布している範囲に痛みがくる。第3の枝がおかされるものが最も多いと言われている。

◇三叉神経の3つの神経
三叉神経は脳神経のなかで最も大きな神経である。その名の通り、眼神経、上顎神経、下顎神経の三つの知覚神経に分かれている。なお、下顎神経は運動神経も入っている。

・眼神経
眼神経は眼窩を通り抜けて前方へ走り、眼球、結膜、上眼瞼、涙腺神経、前頭部、鼻背の皮膚、鼻腔前部、などの感覚性を支配する。
・上顎神経
上顎神経は翼口蓋窩へ入り、上顎の歯、頬の皮膚、上顎洞、口蓋と上唇の粘膜、頬粘膜、眼窩下神経などを感覚性を支配する。
・下顎神経
下顎神経は三叉神経の中で最も大きな枝で、卵円孔を貫き、側頭下窩に現れ、側頭部の皮膚、頬後部の皮膚、下歯、歯肉、下の前三分の二、下唇の粘膜など感覚性を支配する。咀嚼筋などを支配する運動性を線維もふくまれる。

◇三叉神経痛の原因-血管の圧迫
突発性の三叉神経痛は原因がはっきりとしていない。最も有力な説は血管による神経の圧迫ではないかという説だが、まずは、専門医の診察・検査等が必要になる。

◇三叉神経痛の原因-ウイルス感染
ヘルペスウイルス(ヘルペスウイルスは、一般成人の多くの人が保有
しているウイルス)は三叉神経節に進入し、角膜や口内の神経支配域に
運ばれる。そこに感染を起こして、角膜炎や口内炎を起こしたりする。
ヘルペス感染は、再発する傾向が大きく、治りにくい病気で、三叉神経の皮膚支配域では、顔に痛みが出現し、数日後に赤く湿疹ができて、水泡が出現する。

◇三叉神経痛の原因-炎症
炎症の原因は様々だが、外傷や感染、代謝異常、中毒、膠原病等が原因となるものが多い。三叉神経も炎症を起こすと、三叉神経の異常が出てくる。

◇三叉神経痛の原因-腫瘍による圧迫
腫瘍により三叉神経痛の異常が出る事がある。腫瘍の場所により症状は異なるが、脳腫瘍や三叉神経にできる腫瘍、またはその周辺におきて三叉神経に影響を及ぼす物がある。いずれにしろ、神経を圧迫して症状が出現する。

◇三叉神経痛の原因-頭蓋骨の卵円孔での圧迫
頭蓋骨の中に蝶形骨という骨があるが、この骨の中には、卵円孔という
三叉神経の第3枝(下顎神経)を通す穴が開いている。この卵円孔で三叉神経の第3枝(下顎神経)が圧迫され、痛みなどの知覚異常が出る事がある。

スポンサーサイト
  1. 45|
  2. 三叉神経痛

後頭神経

後頭神経とは

頭部の皮膚感覚は三叉神経と後頭神経が支配している。三叉神経は顔面を支配しているが、後頭神経はそれ以外の後頭部の神経支配をしている。後頭神経は大後頭神経と小後頭神経に別れている。後頭神経は上部頚椎より走行しているので、この部分に異常が起こっている事が考えられる。特に頚椎のミスアライメント(不整列)は神経根を傷害して痛みや違和感といった異常を後頭部に発生することが十分考えられる。実際にこの部位の治療によって後頭神経痛が楽になったり消えたりすることが多くある。
後頭神経の異常が頚椎の異常からくる場合、頚椎の異常を調べなければ
ならない。レントゲンやMRIやCTなどを使用して頚椎の変形や歪み等を検査し、必要であれば矯正を施す。
ただ、頚椎のみの異常はほとんど考えられないので(外傷は除く)全身的に歪みを検討し、上部頚椎が本来の状態に戻るような相対的な調整が重要である。とはいえ、全身を矯正するのではなく必要な部分を調整する事が大切である。

後頭神経痛とは、この神経が刺激されて起こり、片側の後頭部、頭頂部、側頭部にかけて痛む神経痛である。首の運動、くしゃみ、せきなどで痛みが誘発される。頚椎の変形やむち打ち症が原因のことが多い。
また、後頭神経痛を起こす神経として大後頭神経が知られているが、
大後頭神経は、触診することが出来るくらい表層にあるので、頭部外傷、神経炎などでも痛むことも多くあり、外傷などの炎症に対しては炎症を抑える処置と薬物療法が施される。
  1. 16|
  2. 後頭神経痛

神経痛とは

神経痛とは、末梢神経の経路にそって起きる激しい疼痛である。神経支配に関係なく出現するこの神経痛は、曖昧な意味で用いられることが多い。しかしこの神経痛は、医学的にはいくつかの特徴が見られる場合だけを神経痛と定義しているのである。

◇神経痛の特徴
・鋭く激しい痛みが突如、特定の末梢神経の支配領域に出現する。
神経痛発作は1回につき数秒から数分間が多く、無症状の時間をはさんで繰り返し出現する。

・痛みが起こる末梢神経の支配領域に刺激を加えると、痛みを誘発する圧痛点というポイントが認められる。また、咳やくしゃみをした際に痛みが引き起こされる場合がある。体を曲げるといった、ある決まった姿勢をとる際に痛みが起こる場合もある。

◇主な神経痛
三叉神経痛、舌咽神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛、後頭神経痛、上腕神経痛などがある。

◇神経痛の分類(症候性と特発性)
神経痛は、大きく特発性神経痛と症候性神経痛に分けることができる。
特発性神経痛は、原因の病名が不明で、神経痛が病名としてつけられる。
知覚や筋肉運動、反射といった末梢神経の機能を調べる神経学的検査を
実施しても、痛み以外の症状は認めることができない。
一方症候性神経痛は、診断や検査によって神経痛の背景にある病気が明らかで、
その一症状として痛みが現れる場合をいう。腫瘍、炎症、外傷、骨の変形など、
何らかの病気が末梢神経を刺激し、痛みを引き起こす。神経学的検査では、痛みの他、ふるえ、しびれ、筋萎縮といった神経症状がみられることもある。
三叉神経と舌咽神経痛には、それぞれ特発性と症候性の2タイプがみられ、
肋間神経痛と坐骨神経痛は症候性タイプがほとんどである。症候性の場合には、原因となる病気の根本的な治療が開始され、並行して痛みを抑える対症的な治療が一般的である。
神経痛が特発性であれば、最初から痛みを取り除くための治療が実施される。ただし、原因となる病気が治っても、神経痛が後遺症として残ってしまった場合には、特発性神経痛として扱われることになる。
  1. 23|
  2. 神経痛
次のページ

FC2Ad

検索エンジン(アクセスアップ)SEO対策ディレクトリ型 検索エンジン マーキュリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。